贈る側の悩みを解決し、贈られる側の楽しみを確約してくれるのがカタログによるお祝いギフトです。

お祝いギフトならカタログが便利

お祝いギフトならカタログが便利

お祝いギフトで悩んでいるなら、カタログが解決します。

PAGETITLE
お祝いギフトで何を贈るかを決めるのは、結構悩ましい頭の痛い作業です。
相手をよく知っている場合は、相手の趣味や欲しがっていたものに合わせてギフトを選ぶことができますが、必ずしも贈る相手が親しく良く知っている人とは限りません。ギフトには選ぶ人のセンスが表れますし、どうしても贈る側が「これ素敵」と思ったものに目が行きがちです。

しかし、趣味が違うと贈られたほうは贈った人の思いを受け取りきれないことになってしまいます。また、既に持っているものをまたギフトで贈られても、結局邪魔なモノとして押し入れの奥深くにしまわれてしまうことになってしまいます。贈った側の思いと受け取った側の思いがうまくかみ合わないと、人間関係がぎくしゃくしてしまうことすらあります。かくして、ギフト選びは悩ましく、頭の痛い作業になってしまうのです。
職業柄、贈答品の多い家では、ギフトでもらった似たようなものが奥座敷に山積みにされていることも珍しくありません。

せっかくのお祝いギフトがそんなふうに開封もされずにタンスの肥やしになってしまったのでは、あまりにも残念です。

でも、贈られる側がある程度自由に商品を選べるとすれば、ギフトのミスマッチングも減らせるのではないでしょうか。お祝いギフト用のカタログならば、金額枠さえ決めておけば相手に好きなものを選んでもらえます。ギフト金額はわかってしまいますが、かえって明確になっているほうが良いこともあります。高価な品を贈ったのに安物だと思われてしまうような誤解はまずなくなるからです。
商品券でも似たようなものじゃないかとおもわれるかもしれませんが、ギフト用カタログのほうが、商品券より婉曲なニュアンスになります。また、デパートに出掛けていく手間も省け、家でのんびりカタログから好きなものを選んでハガキで投函するだけなのでお手軽です。
カタログから商品を選ぶという作業も楽しいものです。
また、一品だけでなく金額内であれば複数の商品を選ぶこともできます。贈る側も気楽、贈られる側もうれしい、そんなカタログでのお祝いギフトは便利です。

注目情報



Copyright(c) 2014 お祝いギフトならカタログが便利 All Rights Reserved.